メインイメージ画像

若年者のキャリアアップ

若い人の仕事探しでは、将来的にもう一回転職をすることもあり得るので、その事を考えて、自分のキャリアアップになるような会社を中心に、企業選びをするのもよいアイデアです。その会社で長く働く事で自分の商品価値がアップするような、そういう仕事に就けば将来的に、就職活動をする事になった際に役立つでしょう。若い人の場合は、結婚や出産等で退職する可能性もありますし、勤めだしてから自分のめざすものがわかってきたという事もよくあり得ますので、未来の事を頭に入れて転職活動をしていくと良いと思います。若年層に限定した人材紹介会社等も進んで登録して、自分のビジョンを話しをしながら情報を得ると良いでしょう。



経験者の就職の面接で定番で聞かれる問いがいくつかあります。ひとつめは、いろいろな職種の中で今の職種を選択した訳をよく聞かれます。その次に多いのが、これまでの仕事での、成功と失敗したこと、それらから身に付いた事は何か等、今日までの経験に対する質問を通して、あなたがどういう人なのか解るような質問をされる事が多いです。経験者の仕事探しでは、企業側の欲しいスキルや社員像が、未経験歓迎の職場よりも、詳しくに決まっています。

仕事を教える手間が掛からず、即戦力となって、業務にメリットをもたらしてくれるような社員を相手は求めています。履歴書や面接で、自分の持っているものが会社に貢献しそうだと思われるように存分にアピールできるようにしましょう。